2018年5月28日月曜日

血みどろのコルテッツ

手術の後、意識が戻り麻酔が覚めてきた。体中の管と言う管が外れだし、ベッドから起きられる状態になった。看護師さんに付き添って貰いながら、10歩程のトイレに向かう。
 そこで、イベント発生。右脚に生ぬるい感覚が走る。
「粗相をしてしまった!!」
と思い、右脚に目をやると、傷が開き猛烈な出血!10秒もしないうちに右脚のスニーカーに鮮血が溜まる。血のしずくが垂れる、そんな生やさしいもんじゃなく、流れ落ちる鮮血!!
 急ぎ、助けを呼ぶ。人生で一番の瞬間出血量、最大出血量でトイレの床を一面血に染め、看護師さん3人がかりで助け出され、大至急ビニールを敷かれたベッドへ逆戻り。
 高位保持、直接圧迫止血にて応急処置、素晴らしい処置をしていただき、最低限の失血で済んだと思う。自分で大出血しておきながら凄い経験だった。

 写真は血みどろになったナイロンコルテッツ。看護師さんに洗っていただいた。申し訳ない、余計なお仕事になってしまった。でも、血に染まったら履けなくなってしまうから本当に有難かった。自分も、ナイロンコルテッツも助けて貰った!

2018年5月27日日曜日

休養中

今回の入院での最初のイベント、手術前の点滴を打つ際に起こった。点滴を打つのに相応しい太さの血管が見当たらないらしい。

 うーん、知ってた。点滴でも注射でも、いつも適した血管を探すのに苦労するんだが、今回は肘ではなく前腕部の直線部分が該当箇所らしい。手術中に曲げても大丈夫なように、って理由らしい。

 結局、ベテラン看護師さんや応援の方登場、数人がかりで相応しい場所を探して、左前腕部を柔道の腕がらみ状態で点滴の針を刺すことに成功。
 いたた!と言ったら、針の痛みだと思われたけど、違います、腕がらみが決まり掛かっていますって!

2018年5月26日土曜日

空が青いな。

病床にて。

 空が青いな。良い天気だ。

 平日昼間にゆっくりと床に伏し、のんびりと空を眺め、若くてカワイイ看護師さんに囲まれるのはいくら金を包んでも出来ることじゃない。

 そう思うと痛いことも、辛いことも感じない、忘れる事が出来るのかも知れない。

 麻酔ガン決まりだと、発想も平和に、豊かになるのかも知れない。だから「アーティスト」って言われる人が麻酔や痛み止め、アッパー、ダウナー、トリッパーに走るんだろうな。

 zzz。麻酔は漏れなく眠くなる。

2018年5月25日金曜日

主が手術で不在なのにゃ。

にゃ。

とらのすけにゃ。

 主が前回手術して半年が経ったにゃ。体力も十分に復活しただろう、とのことでまた手術しに病院にお出掛けして行ったにゃ。

 日頃の毛繕いは主の布団で行うけど、生傷作って帰ってくるのが確定しているので気を遣ってやるにゃ。別の部屋でしばらく寝ることにするにゃ。

 ・・・主の部屋が陽が差して主の部屋が暑くなったから行かないだけ?随分歪んだことを言うにゃ。ネコにも思いやりはあるにゃ!!

 それにしても、陽が高く、暑くなったにゃ。あれ…??

2018年5月24日木曜日

GWのレイクユザキで大物を狙う。3

大物を仕留めた後、今回の目的達成の為なんだか集中力が切れてしまった。

 その後はスプーンを投げてみるものの、全く動かない、と言う訳ではないものの、かといって藻が全然絡まない訳でもなかったので、最近入手したバス用クランクをひと通り投げ続けることにした。
 この写真もワーミングクランクショット。藻があるので藻を振り切る為にアクションが大きめが良いかな?と思ったのと、このクランクはラトル入りだったのでトラウトにもラトル入りが効果があるか試したかった。
 トラウトにはラトル入りが効かないわけではないけど、この日の感覚ではスレるのも早いのかな?って言う感じだった。この辺はバスと同じ感覚なのかも知れない。

2018年5月23日水曜日

GWのレイクユザキで大物を狙う。2

気象庁のサイトで雨上がりの時間を狙って、いつもは6時開始だけども8時頃到着を狙ってレイクユザキへ向かう。
 到着が8時丁度、雨も上がって誰もいない。
ヒャッハー!貸し切りだぜ~!!

 行って直ぐ、デカいのが釣れた。正直、ここまであっさり掛かるとは思わなかった・・・。クランクは最近手に入れたノリーズのバスクランク、ワーミングクランクショット。さすがは大物、食った瞬間から吸い込みが半端なく、一瞬で大物が来た!と判るラインの動き、重みだった。誰もいないし、ゆっくり遊んで楽しめた。

 着いて1時間で目標達成、後はなにしよう??

2018年5月22日火曜日

GWのレイクユザキで大物を狙う。1

4/22に藻だらけで釣りにならなかったレイクユザキだけど、HPを見たら減水させる、と書いてあった。恐らく水を張ったり切ったりして藻を何とかするんだろう。
 
 と言うことで、この日は特にやることもなく、更に午前中まで春の嵐、って事で人もいないだろうからレイクユザキに行ってみよう。大雨降ってくれたら藻が流れ出てくれるだろうし。

 ・・・藻で釣りになるか、天気回復が本当にあるか、見切り発車!

2018年5月21日月曜日

藻だらけの2500C・・・。

こちら、藻だらけのレイクユザキに行った後の愛機アンバサダー2500C。

 いろんな場所に藻が絡みついてとんでもなく汚れてしまった。

 レベルワインダー裏、リールフットが酷いことになり、フレームにもしっかりと藻が付着している。

 しっかり掃除しておかないとリールがかわいそうだ・・・。

2018年5月20日日曜日

レイクユザキで魚以外と戦う。3

最初に入った場所が余りにも藻が酷く、日頃移動しない人間でも堪らずに移動する。

 この写真は移動の際、ドレイン側での衝撃的な写真。藻がスジになって流れてきている。

 こんな状況ではとても釣りにならない。1日券を買ってしまったこと、更に昼食まで頼んでしまったことを激しく後悔する。

 今回は魚じゃなく藻と戦い、なすすべ無く完敗した。教訓としては桜が咲いた後、好天続きではレイクユザキは藻で埋め尽くされる、って事が学習出来た。1日券+昼食代+ガソリン代、良い勉強になった・・・。

2018年5月19日土曜日

レイクユザキで魚以外と戦う。2



レイクユザキに着いて愕然とする。藻がとんでもないことになっていた。

 写真のニジマスの口元やネットの下の部分に既に藻が写り込んでいる。こんな調子なので、スプーンは問答無用に使用不可。少し潜らせようものなら藻団子になって帰ってくる。
 写真はフルサイズのピーナッツII。ワイドな動きで強引に藻を蹴散らしての1匹。こんなやり方でも釣れるんだから活性は高い。

 ・・・どうしよう?場所の移動でなんとかなるか?