2017年4月30日日曜日

2500Cのデビュー戦 7

2500C緑金、遠心ブレーキ撤去完了しすそのフィッシングパーク上池に戻ってきた。
 ・・・戻ってきたもなにも、10m程度の移動。とりあえずタンポポが可愛かったので写真を撮る。

 その後、フルキャストしてみる。1投目、多少PEが緩み加減だが問題ない。しかし、1500Cの飛距離には届かない。
 もう、ここからの飛距離の違いはレベルワインドベアリング化、コグホイールベアリング追加しかない。

 逆に言えば、この2カ所ってベアリング増設後にあからさまに飛ぶようになる訳だ。またリール屋ピカレスク!さんへお世話にならねば。

2017年4月29日土曜日

2500Cのデビュー戦 6

現状、遠心ブレーキ除去の1500C銀赤が遠心ブレーキ純正2個付きの2500C緑金より明らかに飛距離が出る・・・。とのことで、2500C緑金も遠心ブレーキを取っ払ってみることにする。

 この状況で飛距離は同等のハズ・・・。1500C銀赤はフロロ、2500C緑金はPEなんで緑金なんで緑金の方が飛ぶことになる。

 計画通り行くかな?

2017年4月28日金曜日

2500Cのデビュー戦 5

昼飯を食べると同時に、半日投げ続けての感覚を元にリールのブレーキの確認をする。

 1500Cに遠心ブレーキは入っていないはず。・・・うろ覚えだったけど、確かに遠心ブレーキ無しだった。
 遠心ブレーキがあった方が確実に投げやすく、バックラッシュしないんだが、飽くなき飛距離の探求の為遠心ブレーキ無しで突き通す。

 メカブレーキをほんのちょっと効かせることで行けるんだな、コレが。

2017年4月27日木曜日

2500Cのデビュー戦 4

遠心ブレーキ撤去の前にノブを交換してみる。さっきまではベークライトのノブを使っていたが、スネークウッドの高級品を購入していたので付けてみる。

 ・・・気分の問題。釣果には一切関係ない。

 だいたい、管理釣り場でスピニングじゃなくベイト使っている時点で釣果ほったらかしの自己満足の世界。

 と言いつつ、できる限りポンドの竿頭を狙う野望も捨てていない。欲張りだけど、コレが楽しい。スピニングに負けないよう、無駄な意地を張って、バシャバシャ派手に取り込んでベイトだって、abu丸形だって負けていないアピールをするのが楽しいんだよなw

2017年4月26日水曜日

2500Cのデビュー戦 3

うーん、貫禄のあるすそのフィッシングパークのアイドル、こはるちゃんの後ろ姿。

 この日は1500Cと2500Cで極端に違うキャスティングフィールに戸惑う。魚はたくさん釣れているので新しい2500Cに集中する。
 1500Cは軽量スプール+コグホイール、レベルワインドベアリング化。で、遠心ブレーキ撤去。
 2500Cは現状軽量スプールのみのカスタム。遠心ブレーキは純正のまま。

 キャスト時の難易度は上がるものの、飛距離は1500Cに軍配が上がる。この結果からして、純正遠心ブレーキは自分にとっては飛距離を下げるだけだ、との結論になった。
 現行のリールはメカブレーキ無視でマグブレーキ調整が主流だけど、abuの1500Cや2500Cだと遠心ブレーキ撤去でメカの方が飛ぶとは意外だった。よし、釣り場で遠心ブレーキ撤去するか。

2017年4月25日火曜日

2500Cのデビュー戦 2

2500Cを投げていく。この日は金曜日、すそのの放流は2回。その前に感覚を掴みたい。
 いじくりポイントは良くあるAvailの浅溝軽量カスタムのみ。後は外装系。スプール単品でどれだけ飛距離が出せるか?が課題。

 で、フルチューンの1500Cと比べるとサミングに大きな違いがある。1500Cは軽量スプールに加え、コグホイール、レベルワインドにベアリング追加。その上、遠心ブレーキ撤去の暴挙。軽めのメカブレーキのみ。2500Cは現状純正の遠心ブレーキ撤去なし。遠心ブレーキが良く効き、サミングが要らない位快適だが、飛距離は1500Cフルチューンの8割程度。

 うーん、飛距離にもう一声欲しい。

2017年4月24日月曜日

2500Cのデビュー戦 1

1500Cに手を入れていると、自然と2500Cも欲しくなった。

・・・ついつい購入してしまった!

 ご覧の通り、2500Cのグリーン。既に自力ではやるだけやった、ベイトフィネス仕様にしてある。

 ベイトロッドは2500Cの緑に合わせてVARIVAS エリアドライブ F-SPEC ARD-C60F-T。

 さあ、楽しむぞ。

2017年4月23日日曜日

すそのフィッシングパークのアイドル とらこ

にゃ。

 とらのすけ・・・じゃないにゃ!

 このネコ様はすそのフィッシングパークのアイドル、とらこさんにゃ。

 主が1500Cとか言うリールに首ったけになって、釣りしたくなって平日だというのにお出掛けしたようにゃ。

 それにしても、主はネコには好かれるにゃ。膝の上にネコを載せるのが特技のようにゃ。

2017年4月22日土曜日

1500C 給油の続き 4

クラッチ側。

 ・・・何もやることない状態だ。

 と言うことで、1500Cの給油終了。なんか、何もしてない気がする。と同時に、釣行2回では大して汚れないんだな、って事が分かった。但し、水質はすそのにレイクユザキと綺麗なところ。つくば園とか行ったらもっと汚れるのかも。

 でも、1回使ったら開けたくなるんだよな・・・。

2017年4月21日金曜日

1500C 給油の続き 3

がぽっ!!とな。

 ギア類一式はグリス類に多少の着色を認める。但し、全て脱脂して給油し直すか?と言うとそこまでの必要は認めない・・・はず。

 でも、折角開けたので、エタノールの霧吹きぶっかけた後、ちょっと待って拭き上げ、スプレーグリスの粘度柔らかめなのを吹いておく。

  多分、問題ない。

2017年4月20日木曜日

1500C 給油の続き 2

1500Cを25年の眠りから醒めて現役復帰させて、一番効果があったと思える部分がここ。

 「レベルワインドへのベアリング追加」

 当然、軽量浅溝スプールも効果があると思うし、各所ベアリングの調整なんかも効果があると思う。しかーし、キャストの際にレベルワインダーが同調するこの機種にとってはここのベアリング追加が一番効果的に感じたんだよね。

 リール屋ピカレスク!さんに本当に感謝だわ。

2017年4月19日水曜日

1500C 給油の続き 1

よっこいしょ。

 ハンドル側をハズしてみる。写真に写っているベアリングを注意深く見てみる。

 特に異常はなさそうだ。ハズしてなんかする事も無さそうだ。ただ、時折ラインがはまり込んで難儀するので確認だけはするものの、別に何も異常はないようだ。

 さて、もう少しばらすぞ。

2017年4月18日火曜日

ネコの食費

猫を飼っていない人に良く聞かれることがある。

「お金持ちだね。」

・・・全然金掛からないと思う。特に食費に関しては。カリカリ+猫缶でも¥1,000/月程度じゃない?おやつに煮干しを入れたって、¥2,000/月まで行かないと思う。

 医療費になったらまた別の話だけど、先代のネコ達もそれ程掛かった覚えがない。分かりやすく言えば、人間の方が風邪引いたりして金が掛かるって事。

 ・・・ネコはいいぞ。

2017年4月17日月曜日

誕生日プレゼント

とらのすけの誕生日、何もあげないのはかわいそうなので、おやつを買ってきた。にゃんにゃんにゃんの日に家族が買ってきて、とらのすけが発狂するほど喜んで食べた、CIAOのちゅーるの新製品、ちゅるっとスティックかつお味。

 不思議と人間から見ても美味しそうに見えてくる。

 帰宅し次第、とらのすけに・・・。と思っていたら寝ていた。起きるまでこっちも昼寝を、と思っていたら、人が寝ている隙に飯食って出て行ったらしい。

 それならそれで、あしたでもいいや。

2017年4月16日日曜日

お誕生日にゃ!

にゃ!

とらのすけにゃ。

 とらのすけ、本日めでたく4歳の暫定誕生日なのにゃ。暫定ってのはネコには良くある事にゃ。初めて行った動物病院で逆算してもらったのにゃ。

 先週主に新鮮な野ねずみをくれてやったので、今日の誕生日は何がもらえるか、楽しみなのにゃ!!

2017年4月15日土曜日

1500Cのハンドル部Eリング

毎度毎度面倒なのがハンドル部に付いているEリングの脱着。少しでも作業が荒いととんでもない勢いでフッ飛んでいき、部屋の中で行方不明になる。今まで2回行方不明になり、その都度作業中断して探し出した。
 行方不明になり捜索のため作業時間を奪い、効率を下げるからもう付けなくても良いな。って事になった。どんなに緩んでもリテーナーがあるから問題ないだろう。

 ・・・ただ面倒くさいだけだったりする。

2017年4月14日金曜日

1500C、給油してみるかー。

ピカチューン依頼後、まるまる2日間しっかり使ってみた。ここで一度給油、その他確認のため、開けてみても良いだろう。ってことで、暇を見て開けてみる。

 暇というか、猛烈な咳を伴う風邪を患い、会社どころではなくなった。38℃台の熱も暫く続き何も気力が無くなった。但し、自分の趣味は除く。と言う訳でバラしてみよう。

2017年4月13日木曜日

青い背中 3

このお魚の鱗を落としてみた。

 幾分、側線の部分に「にじます」っぽさを感じられるようになった。さあ、捌くか!と思っていたら、マスター登場。このお魚、「にじます」なのか聞いてみた。

 この魚は間違いなく「にじます」らしい。ただ、「ドナルドソンスチールヘッド」って言う、ドナルドソンのように大きくなりスチールヘッドのように海に下る種類らしい。なるほど、銀色が強いのは銀化が進んで居たからなのね。

 いやー、魚の種類は聞かなきゃわかんないな。

2017年4月12日水曜日

青い背中 2

青い背中のお魚を捌いてみる。まな板の上でよく見てみる。

 先ほどのネットの中に比べたら背中の青味が消えてきているけど、典型的な「にじます」とは色が違う。側線の色が幾分出ているけど、あまりにも銀色が強すぎる。それに黒い斑点がほとんどない。
 でも「サクラマス」と言われると、そこまで口が深く裂けていないし、鼻先も丸い。顔は「にじます」そのもの。

 ・・・「にじます」と「やまめorあまご」のハーフ?

2017年4月11日火曜日

青い背中 1

この写真のお魚なんだけど、魚種の判断に困るんだよな・・・。

 綺麗な銀色の背中、この特徴は地元のレイクユザキやつくば園でも見る、「サクラマス」だと思う。
 また、銀化した綺麗な胴体なんかもまさに「サクラマス」だと思う。

 でも、お顔が優しい「にじます」顔なんだよな。

 ・・・君の名は??

2017年4月10日月曜日

でっぷりにじます

新生1500Cのドラグ性能を試すのに丁度良い大きさが食いついてきた。
 最初はいつものドラグ設定、約500gでこの魚と遊ぶ。さすがにこのサイズになると走り回ってとっても楽しい。と同時に、近隣に迷惑になりだしたので少しドラグを増し締めする。
 うーん、途中で増し締めはなるべくしたくないんだけど、近隣への迷惑を考えるとやらざるを得ない。

 このサイズが掛かってくれるのがとにかく楽しい。食って美味いし。当然こんな写真を撮っているので、美味しくいただいた。げぷ。

2017年4月9日日曜日

獲物にゃ!

にゃ。

とらのすけにゃ。

 最近、出番がなかったにゃ。ここは一つ、主に賄賂でもくれてやらねば干されてしまうのにゃ。
 と、言うことで主用にデカい野ネズミ取って来たにゃ。新鮮取り立てにゃ!

 ・・・?余り喜んでなさそうにゃ??

2017年4月8日土曜日

寝られた。

焼きそばを食べ終えて、ゆっくりしたあともまだフトモモの上から動く気配がない。それはそれでいいんだけど、近くで放流用のフォークリフトのエンジン音が聞こえだした。

 そろそろ、起きて貰おうかな~。

 こんなに寛いでいるこゆきちゃんを起こして罰が当たらなきゃ良いんだけど・・・。

2017年4月7日金曜日

フトモモの上

すそのフィッシングパークの上池で鱒レンジャーのベイト+1500Cの組み合わせで大きな魚とのやりとりを課題に午前中やっていたが、お魚さんがイマイチやる気が無いらしく、池全体が鈍い状態となった。

 こー言うときは腹ごしらえ・・。と思ってたらすそのフィッシングパークのアイドル、こゆきちゃんが膝の上に乗ってきた。このネコ様は人の膝の上に乗るのはとっても珍しいことらしい。このときの自分が、活性低いなりに釣りになっていて、殺気立っていなかったからかな??

2017年4月6日木曜日

放流の準備

レイクユザキのスプリングフェスタで鱒レンジャーのベイトにピカチューン済1500Cの組み合わせがなんとなく分かってきた。

 でも、分かってきた、と言ったところで大物を掛けたときに取り込み寸前でドラグの増し締めをしてフックを折ってしまった。大きい魚が掛かったときの対応力が課題になったのが分かったので、大きい魚といえばすそのフィッシングパーク。早速遠征してみた。
 たまたま、放流用のお魚が到着している写真が撮れた。

 ・・・平均があり得ないほどデカい。来た甲斐が有りそうだ。

2017年4月5日水曜日

新旧ブレンダーズスピリットの違い

レイクユザキのスプリングフェスタ、結局大物は揚げられなかった。1本掛けたんだけど、取り込み中にドラグ締めたらフックが折れた。・・・自分のミス。

 帰ってきて、とりあえず飲むか。となって、新旧ブレンダーズスピリットを並べてみたらラベルのリボンの位置が違うことに気付く。ただ、飲んでみたけど違いがイマイチ分からなかった。
 ・・・厳密に言うと、bottled in 2016は開封してアルコール独特の尖りが消えていて、まろやか。3月下旬復刻のほうは開栓して直ぐなもんでアルコール由来の尖りが感じられた。でも、似た雰囲気は感じられた。

 ・・・当たり前か!

2017年4月4日火曜日

新生1500Cに慣れる。

この日は1g台のスプーンのローテーションでキャスト練習が主な目的。2.4gから徐々に軽いスプーンを投げていく。この日は追い風だったので1.2g迄は投げられたけど、気分が良いのは1.8gだった。

 新生1500Cのキャスト性能はアルファスAirの飛距離と互角。但し、なかなかクセが強い。まあ、遠心ブレーキ取っ払ってメカブレーキのみ、マグネットブレーキは組み付けたものの、制動力が強すぎて取り外してある。遠心ブレーキって、釣りしているうちにブレーキ部分が浸水、突如利かなくなるから当てにしてないんだよね。

 もう少し、「習うより慣れろ」が必要みたいだ。

2017年4月3日月曜日

最初の一尾

大会に参加しておきながら、余り大会の結果には拘っていない。まずは新しくなった1500Cの特徴を掴み、ちゃんとキャスト出来るようになること。そして新調した鱒レンジャーのベイトに合ったキャストが出来るようになること。

 最初の2投は幾分ラインが緩んだけど、その後は勝手を掴んだ。そして待望のお魚。・・・ほとんど姿が見えていないけど、まあ今回は1500Cが主役だからいいか!

2017年4月2日日曜日

大会参戦!

1500Cの試し投げが済んで、翌日いきなり大会に参戦する。参戦するのはレイクユザキのスプリングフェスタ。大会ルールが「数釣り」でなく「大物釣り」なので、昨日試せなかったドラグ性能が試せるだろう。と思っての参戦。

 ・・・。当日行ってみたら大会だったのは内緒だ。

 レギュレーションでロッド2本、とのことで、同じベイトのアルファスair 5.8+プレッソ6.0を相棒に選定。新旧のベイトで釣り味・性能の比較、楽しみだ♪

2017年4月1日土曜日

abu 1500C ピカチューン仕様のキャスト練習

第一投から派手にバックラッシュをやらかす。が、当然サミングして復帰可能な程度にとどめる。

 時間を掛けてゆっくり解いて、第二投。ここでそこそこな向かい風だったことに気付く。第一投の時は余りにウキウキしていて気付かなかった。向かい風をしっかり頭に入れて投げてみる。
 ・・・まだ勝手が掴めない。

 第三投。メカブレーキを再調整し用心深く投げる。お?良い感じ。メカブレーキを結構締めて、(=標準的に締めて)振り切ると良い感じ。

 ロッドも新調した鱒レンジャーのベイトだし、もう少し慣れが必要だ。それにしても、すんげー回転。最新のリールに伍する性能かも知れない。あとは・・・。自分の親指次第か!