2017年9月21日木曜日

お楽しみのようにゃ!

にゃ。

とらのすけにゃ。

 ご無沙汰してたにゃ。主、もう暫く外出を堪能してくるようにゃ。最近涼しくなって、食いが戻ったにゃ!三日見ぬサクラならぬ三日見ぬとらのすけ、だいぶでっぷりして主をお迎えするにゃ!

2017年9月20日水曜日

呑みまくり

食事、と言うかピーマンのにじます詰めの支度が済んで、やっと自分も食事にありつける!!

 ・・・日頃台所で食事の準備をすることがほとんどないので、たまに食事の準備をするとどれだけ手間が掛かって大変なのかが良く分かる。
 
 キャンプに行くと時々食事担当になるけど、日頃出来ない良い経験だと思う。自分が釣ったにじます、南部八戸から届いたピーマン、食材、料理を作った、釣った人間に感謝され、気持ちよく酔っ払っていく。

 外呑み、楽しい。

2017年9月19日火曜日

ホタテ貝8kg!


自分が一息ついて、出来上がっていく中、ホタテ貝の処理が開始!

自分はホタテ貝の処理方法は全く分からないので、素直に出来る人に一任する。それにしても、kg単位で食べる機会なんてない。まあ、カラも含まれているけど・・・。

 写真を撮っているだけで何も出来ず、見ているだけなんだけど、手慣れた仕事ってのは見ていて惚れ惚れする。

2017年9月18日月曜日

「にじます」と「しそ」で・・・。6

じゃーん。出来上がり。

 一口食べて、そのまま行ける派、写真に見えるわさび醤油派、焼き肉のタレ派、ニンニクソース派、ニンニク醤油派、いろいろ分かれた。

 人それぞれ、すそのフィッシングパークのにじますと八戸のピーマンの共演、楽しんでもらえて何よりです。

 写真写りが夜間の外で良くなかったけど、彩りを今考えたら赤ピーマンを刻んで入れても美しかったのかも・・・。今後の課題だ!

2017年9月17日日曜日

「にじます」と「しそ」で・・・。5

ピーマンのにじます詰め、どうやって焼くか、外の炭火か、室内か、検討した結果、室内で写真のよーに調理することになった。
 炭火だと美味しい肉汁ならぬにじます汁が流れ出ることが気になっていたけども、既に炭火の上には別の料理が仕掛けられていた。

 うん、炭火よりこの方が魚のエキスが閉じ込められて美味く出来ると思う!!

2017年9月16日土曜日

「にじます」と「しそ」で・・・。4

周辺道路の大混雑、大変忙しいであろう中でクロネコさんの時間指定配送、ありがとうございます。無事到着しました。

 主役の準備した、主役の栽培したピーマンをさっと水洗いして種をブッコ抜き、先ほど準備したにじますとしその和え物をブチ込んで「ピーマンのにじます詰め」が準備完了。焼き上がった時にプラスアルファでソース掛けたい人が掛けられるような、絶妙な岩塩加減にしておいた。個人的にはもうこれだけでいけるけど、味覚は人それぞれなんで、選択の余地を残す。

 美味いんだこれが!・・・と言いたいんだけど、実は突発判断。まだ自分でも食ったことない。すそのフィッシングパークのお魚たちはいい脂の乗り方してるし、刺身で食って美味い鮮度、挽肉に負けないハズ!!

2017年9月15日金曜日

「にじます」と「しそ」で・・・。3

BMWのGSで、本日の主役登場。延々、青森県八戸市から山中湖まで、ちょっとした寄り道込みで約900km、お疲れ様でした!

 ・・・こちら主役が準備してくれたのは新鮮なピーマンなんだけど、いくらGSでも軽くてかさばるピーマンを積んでくる訳には行かず、クロネコさん時間指定で届くらしい。

 とのことで主役が身支度を調えているうちにもう少し食材をいじる。今回はいつもの総料理長が不在なんで、珍しく自分が厨房を預かる。一応料理は嗜む程度とは言え、有資格者、ごくたまには本気出す。

2017年9月14日木曜日

「にじます」と「しそ」で・・・。2

にじますの半分をサイコロ大に粗く切り分け、しそをやはり千切りから半分をもっと細かく切り、和える。岩塩、粗挽き胡椒で味を調え、ちょっと待機。

 にじますのもう半分はサイコロ大からみじん切りにし、岩塩、粗挽き胡椒で「なめろう」の状態に。最後にしその茎を5mm程度に刻んだモノを和えて、準備された1/4のにじますたちが刺身に続いて酒盛り行き。
 写真がボウル状態しかなかった・・・。盛り付けた写真、とったつもりだったんだけどな・・・?

 にじますとしそ、同じ材料で3品作るよ~。

2017年9月13日水曜日

「にじます」と「しそ」で・・・。1

刺身を1皿出したら、まだ食材が揃いきっていないけど下準備を開始する。

材料
1 にじます
 柵 すそのフィッシングパークレギュラーサイズ3匹分
2 しそ
 20枚くらい (茎も使う)
3 岩塩 適当量
4 粗挽き胡椒 適当量

 まずは柵にしたにじますをサイコロ大程度にぶつ切りにする。と同時に、水に挿していたしそを葉と茎に取り分ける。

2017年9月12日火曜日

にじますの刺身

メンバーが揃いだし、酒盛りが急に始まる。食材の準備が間に合わない!!

 と言うことで直ぐに出せるものとして、「にじますのお刺身」を3分程度で作る。クーラーには昨日すそのフィッシングパークで2枚に卸しておいたニジマスが7本分あるので、骨がない方を急ぎお造りに。

 しそはこの他にも使う予定でメンバーに緊急調達を依頼したもの。・・・家にはウジャウジャ有るんだけどね~。家出発して2日はクーラーにおけないもんなぁ・・・。なんか不安だし。

2017年9月11日月曜日

到着

白鳥に気をとられ、連絡に気付かなかった。退屈に耐えかね、助けを呼んだら既に到着している、との連絡が!

 急ぎ戻ると既に食材が準備されだしていた。ぐぬぬ、到着遅れ申し訳ない。

 1粒が500円玉より大きい甲州ブドウが既にテーブルの上に乗っていた。なんという大きさ、なんという貫禄!

 急いで自分も食材の用意を始めなきゃ!!早速酒盛りが始まりそうだし!!

2017年9月10日日曜日

呼んだら来た!?

山中湖湖畔でぼーっとする時間に耐えられず、波打ち際を歩き出す。ふと気付くと結構な向かい風。

 向かい風って事は、クランクやミノーが打ち上がっているかも知れない!っと小学生のような気分で湖畔を歩くが、何も見つからない。

 余りにも暇でおかしくなりそうで白鳥に声を掛けたら寄ってきた!?

 呼んだら来たって事は、多分餌付けされているな、コイツら。でもごめん、食べ物持ってない・・・。

2017年9月9日土曜日

持て余す時間・・・。

余りにも持て余す時間、どうして良いか分からない。車にタブレット積んであったのを思い出し、発狂しそうな待ち時間を潰す。

 ・・・バッテリー、無くなりそう。

 仕方なく、メンバーの助けを呼ぶ。早く来て~。

そう言えばここは蚊が居ない。蚊に刺されないだけ、マシかも知れない。

2017年9月8日金曜日

退屈

山中湖で時間を潰す。今回はキャンプ、と言うかBBQの予定。とある大企業様の社員寮を使わせていただく。しかも貸し切り。

 勢い余って早く来すぎて、何をして良いか分からなくなった。良くある、12時間勘違い。

 とりあえず、こーんな写真を撮るほど暇で精神がやられてしまった。人間、忙しい方がまだ生き生きしていられる。

2017年9月7日木曜日

やなまかこ

やなまかこ。

・・・かみまみた。

 人生初、山中湖。霞ヶ浦水系北浦が淡水ホームグラウンドの人間は、富士五湖が超絶クリアかと勝手に想像していたものの、結構マッディ。手前なんか北浦と変わらない。3m位先は冬季の利根川本流って感じ。

 トラウトタックルなら有るんだよなー。どうしよう??

2017年9月6日水曜日

くさい。

かぶと虫を水難から救い、良い酒が飲めた。裾野から山中湖へ移動するが、新鮮な空気を吸いたいのに、前にディーゼル車がいて、窓が開けられない。

 新鮮な空気とうって変わって、車内循環のエアコンで、延々渋滞の国道、東富士道路、山中湖畔とこいつの後ろを走る。

 実に気分が悪い。

2017年9月5日火曜日

溺れるかぶと虫はピーナッツをも掴む

日中は放流が一段落して釣りにくくなって人も減る・・・。はずが、午前の放流がジリジリと効果を残していて、そこそこ釣れ続ける。その割に、暑さで人間が先に参ってしまい、釣り人が減って程良く釣りやすい。
 こんな状態で午後の放流も入り、暑さに耐えられた自分は他の人の分まで釣りを楽しめた。

 日が落ち始めた頃、ピーナッツを投げて着水直後にゴミが掛かった。と思ったらなんと!かぶと虫を釣った。もう少し陽が落ちていたら、魚たちが水面を気にしていたらコイツは食われていただろう。水温は17度程度、寒さでかぶと虫の動きは実に鈍い。ゆっくりと外して、後ろの草むらに放す。

 ・・・なんか良いことした気がする。今晩は酒が美味そうだ。

2017年9月4日月曜日

酷暑のすそのフィッシングパークで悶絶する。 5

午前の放流が一段落し、一服を入れる。すそのフィッシングパークの放流、楽しみにしていたのに空振りに終わった・・・。

 敗因は簡単、放流した群れが自分の所に回ってこなかった。自分の反対側へ回って、反対側が大フィーバー。池の半分ではっきりと釣果が分かれた。

 放流後30分、朝貰ったカキ氷券に¥50を足して抹茶練乳かき氷で体温を下げる。とんでもなく大盛りのかき氷。
 人生10~20年くらいかき氷にご無沙汰していたかも知れない。ゆっくり味わ・・・写真撮っている間にもう溶け始めて崩壊し始めた!!急いで食べなきゃ!!

2017年9月3日日曜日

酷暑のすそのフィッシングパークで悶絶する。 4

休憩を取ったあと、放流前に色々考えながら巻いてみる。この日もいつものようにアンバサダー1500Cのベイトタックル。ストレスなく投げられる2.4gのハイバーストがメイン。
 休憩後も魚の沈みっぷりは変わらない。底から30cm程度にべったりついている。多少浮いて入るものの、浮いている魚達は全くやる気がない。底の魚達を標的に、底から60cmまでを重点的に引く。底についている魚達は浮いている魚達よりはまだ反応があり、10~20分に1本程度は反応してくれる。

 今日は晴天猛暑、少なくとも自分の武器としてはこの方法しかなさそうだ…。底近くまで沈めるために、どうしても回転が遅く感じる。
 ハイバーストだと浮きやすいんで回転を優先してアイスフェイク2.6gに一時的に変更し、回転を早くできるかを試してみるか。こんなもんしか手段がないなー。

2017年9月2日土曜日

酷暑のすそのフィッシングパークで悶絶する。 3


この日の暑さは半端ではなかった…。10時の放流を待たず、日陰で休憩を入れることになった。にじます1本釣っている間に色物3本程度のペース。
 色物がいつもより多く感じられた。イレギュラーが出るような巻き方はしていないつもりなんだが、イレギュラーアクになっているのか?と、考えてみたものの、この暑さでも釣れていることはプラス、と考え直す。

 あまりの暑さに、テーブルの下で猫達が伸び切っている…。冷感インナー着ている人間がヘロヘロでは、毛皮を身にまとっているネコたちはさぞつらかろう。


2017年9月1日金曜日

酷暑のすそのフィッシングパークで悶絶する。 2

この日は晴天で35度を超える予想。8時で既に30度を超えて、魚達は深く沈んでいる。
 色物たちは突然反応してくれ、突発的に釣れるものの、にじますがほとんど反応してくれない。

 開始から30分以上にじますが遊んでくれなかったが、ようやく遊んでくれた。実に嬉しい1本。思いっきり沈んでいるのが目視できたので、沈んでいる魚達の30cmほど上を引くようにして反応させた感じ。

 今日はこの方法で攻めてみようかな?

2017年8月31日木曜日

酷暑のすそのフィッシングパークで悶絶する。 1

休前日、休みを取って3連休にして食材調達のためにすそのフィッシングパークに行く。真夏だから釣りの方法がいつもと違うかな?と思いながら、8時から投げ始める。

 朝から釣れ続けるのは色物達。休みで釣り人たちが多かったりすると、賢くなったにじます達を相手にするよりは色物たちのほうが遊んでくれそうではある。

しかし、この日は食材調達の義務があるのであまり遊んでもいられない。早いうちにレギュラーサイズを揃えて、やりたい釣りをしたいな。

2017年8月30日水曜日

甦る着物展に行ってみた。 8

こちら、衝立。翠帳とか几帳とかとも言うらしいけど、違いがいまいちわからない。ものすごく高級な旅館やホテルでもないと現在ではお目にかかれない気がする。

 このリメイクに使ったのは女性者の帯なのかな?

 このリメイクも素晴らしいアイデアだと思う。ただし、とにかく出番は少ないだろうなあ・・・。個人宅に普段使いはしにくいし、なんせ洋間だらけで畳のお部屋がないもんな。畳じゃなくとも和風モダンとかでも良いんだろうけど、品がありすぎて浮いてしまうかも。

 でも、美しいよね。

2017年8月29日火曜日

甦る着物展に行ってみた。 7

こちら、留袖をリメイクした暖簾。

かなり品がある。と同時に汚れが怖いな、とも思う。まあ、正絹の暖簾、って気づく人なら汚すような真似はしないだろうけど、何もわからない人間が汚れた手でベタベタ触るのも怖い。

 うちの場合は猛獣とらのすけが飛びかかって爪で穴を開ける可能性が高いので、暖簾にリメイクするのは厳しいな。

2017年8月28日月曜日

がま

がま

「よんだ?」

 がまぐちならぬ、リアルがまがえる。
週末に良く行く温泉に居る。露天風呂近くに棲んでいて、日没後にのそのそ出てくる。ガラスの前に陣取って、光に集まってくる虫を目も止まらぬ速さで食べる。

 良い場所に棲んでるよな。人間が多くて野生動物が寄ってこないし、夜は照明で虫が集まってきて食うモノに困らない。だからこんな曙みたいな体型になるんだろうな。

2017年8月27日日曜日

甦る着物展に行ってみた。 6

こちら、がまぐち。

 がまぐちの金具もジョイフル2に有るから直ぐ作成可能なんだけど、やはり生地の美しさからしてご婦人向けになるかな??

 生地の美しい柄を生かすと、男物にはならなそーだ。でも、留め袖の生地とがまぐちの金具を黒メッキにしたら男物、というか男性が持っていてもそれ程違和感ないのかも知れない。

2017年8月26日土曜日

甦る着物展に行ってみた。 5

こちら、ちょっと大きめサイズ。

 この作品達はデザインどうこう、ってより生地の美しさだな。生地の素晴らしさに圧倒される。

 と同時に考えてしまうのは、どうしても普段使いってより「晴れの日」用のお召し物のお供かな・・・。個人的には普段使いしたいんだけど、洗濯が大変そうだ。

 普段使いするのは自分が革細工で作るウォレットでいいのか。革は手の脂で徐々にエイジング(≠汚れ)して、雰囲気と愛着が増していくんだからな。

 こちらはあくまで「晴れの日」の小物達なんだな。いくら大好きでお気に入りでも割り切らないと、直ぐ手脂で汚れてしまうもんな。

2017年8月25日金曜日

甦る着物展に行ってみた。 4

手に取ってよいか、悩んでいると周囲の来場者が悩むことなく手に取って見ている。

 ・・・手に取っても良さそうだ。

 中の仕切りが現代の財布とはまるで違っていた。革細工やる人間ならここはファスナーを使ったり、カード差しを付けたりしたいところだけど、ご年配の方々(先入観で失礼!)はちょっと目の付け所が違うらしい。

 良い勉強になる。

2017年8月24日木曜日

甦る着物展に行ってみた。 3

つづいて財布のようなもの(名前が分からない)を見学。

どうしても成人男性の普段着には使いにくいデザインだが、いろいろデザインの勉強になる。

 いろいろ手に取って中の仕切りがどうなっているかも見てみたい。触って良いか、聞いた方が良いかなぁ?

2017年8月23日水曜日

甦る着物展に行ってみた。 2 

受付を済ませて直ぐの机には端布を使った小物達が展示されていた。

かなり細かい仕事をしているな~。と感心する。革細工では鞄くらいの大きさがあれば作ろうかな?と思うけど、ウォレットサイズだと面倒で作りたくないもんな・・・。

 端布1つでも勿体ない、って思える精神が小物作りを支えているな、と思った。

2017年8月22日火曜日

甦る着物展へ行ってみた。

不整脈と動悸で自宅療養中、高校野球くらいしか観るものがない。艦これのイベントも一息ついた。とらのすけが明るい時間に自分の布団で寝たがっているので体調を見ながらお出掛けする。
 ハイパーモタード1100EVO SPの充電を兼ねて、ちょっと遠目、県庁所在地まで片道1時間、久しぶりに二輪に跨がる。なんとか、午前中の雨はなさそうなんで急いで出掛ける。

 お出掛け先は県民文化センター。NHKで着物のリメイクの展示を行っている、とのことで気になっていた。個人的に着物のリメイクはやってみたいんだが、革細工とは違って繊細なのは目に見えているし、何より師匠がいない・・・。まだ始めるには敷居が高いけど、良い物を見ることは無駄にはならないだろう。

 この日の為にって訳ではないけど、正絹の晴れ着をリメイクしたアロハを着て行く。最終的には自分で古着からアロハを仕立てたいんだよな~。何事も勉強勉強!!

2017年8月21日月曜日

スズメ、旨ぇ!

にゃ。

とらのすけにゃ。

 とらのすけが折角捕まえて持ってきたスズメ、主はいらないらしいにゃ・・・。ネコの気持ちが分からない飼い主に買われていると気疲れも多いにゃ。まあ、日頃からほとんど肉食べない主なんで仕方無いにゃ。

 と言うことで、スズメはとらのすけがいただくにゃ!ばくっ!むしゃ~。

 スズメ、美味ぇ!!

2017年8月20日日曜日

贈り物にゃ。

にゃ。

とらのすけにゃ。

 主が不整脈を発症したおかげで、夏休みの延長のように家に居るのにゃ。明るい時間に家に居られると、とらのすけの寝る場所がないのにゃ。

 とらのすけ、このままでは睡眠不足になるにゃ。早いうちに主に体調を戻して貰って、明るい時間は仕事に出て貰わないと、とらのすけまで体調を崩してしまうのにゃ!!

 と言うことで、とらのすけが気を利かせてやるのにゃ。新鮮なジビエ、持ってきたのにゃ。これでも食って、早く体調整えて、サッサと仕事に行くのにゃ!!

2017年8月19日土曜日

洗濯用??

あからさまに心臓の調子が悪い。外を走れないおかげで機嫌が悪いが、死にたくないので我慢する。

 ふと、会社の風呂で使っている石けんが小さくなっていることに気付き、ダイソーで石けんを買ってきた。全身洗えて、シャンプーに当たりやすい自分も問題なく、髪もスッキリする愛用の石けんを買い足す。

 ・・・洗濯用??

 ・・・多分、深く考えたら負けだ。地肌スッキリ、髪は太くなってフケも出ない、顔も突っ張らず、こんな良い石けんが洗濯用だなんて、多分表記ミスだ。

 ミス・・・だよね??

 ま、良いか。良い物は良いんだ。

2017年8月18日金曜日

不整脈

夏季休暇はひたすら曇り時々雨、どこにも行けなかった。寒くて時折雨、二輪の出番無し。

 余りにやることないので、毎晩走っていた。いい歳して毎晩10km以上走ると、心臓の負担は想像以上らしく、不整脈で倒れる羽目になった。
 休みの最終日、山中チャンピオンがまさかの敗戦、イライラしてハーフ走ったら行き倒れた。不整脈超えて心不全で死ぬところだった。

 寒くて空気が湿っているとのどにも優しくて良いペースで走りやすいんだよなー。筋肉や疲労回復には問題ないんだけど、50km/週を超えるとどうしても不整脈になる。
 
 ・・・歳だな。

2017年8月17日木曜日

不法占拠

にゃ。

とらのすけにゃ。

 主が釣り場から帰って来たにゃ。釣果を聞く必要も無いにゃ。どーせ、お土産がないことは目に見えているにゃ・・・。

 とらのすけにお土産がないのなら、食卓を使わせない強硬手段、実力行使にでるにゃ!!

 すぴー・・・。

2017年8月16日水曜日

ゴミ拾い

アメリカナマズを50本釣って1本くらいシーバスが釣れる釣り場に行ってみると、夏季休暇のせいか、ゴミが酷い。

 こんな感じで、ワーム類、パッケージ類が散乱している。一番酷いのが写真には写りにくいが、ワーム類に付いている20lb近いナイロンライン。ナイトゲーム中に踏んだら、足に絡んで川に落ちかねない。シーバスアングラーはヒヤリは結構経験あるんじゃ無いか?

 下手クソなのは構わないが、ゴミ捨てていくヤツらは川に蹴り落としてやりたい。

2017年8月15日火曜日

布団が空かないのにゃ・・・。

にゃ。

 とらのすけにゃ。

 最近、主の布団が明るくなっても空かないのにゃ?
 陽が落ちたら主のもの、明るくなったらとらのすけのもの、紳士協定が守られていないにゃ。

 え?雨でツーリングが流れた?とらのすけと同じ、ふて寝らしいにゃ。

2017年8月14日月曜日

あぶらぜみ

出勤前、玄関前に落ちていた。ひっくり返っていて死んでいるかと思って拾ってみたらモゴモゴ動き出した。

 よかった、気を失っていたようだ。

 休日の早朝にけたたましく鳴かれた場合は時折殺意を覚えるが、アブラゼミの命の最終盤、気を失ってい人間に踏まれて最期、余りに悲しすぎる。

 照明器具の上においておけば、猛獣とらのすけに食べられることもないだろう。無事に飛んでいけば良いな。

2017年8月13日日曜日

鹿島神宮は駐輪場タダ!

月に一回の地元鹿島神宮参拝。

 そっちこっちの寺社仏閣やお城を見て歩くと、鹿島神宮の二輪駐車場がタダって事に気付く。
 観光地になると二輪でも駐車料金が掛かってくるのは仕方ないことだけど、毎月参拝する鹿島神宮に一番近い駐車場がタダなのは地味に嬉しい。

 GWや夏季休暇の時に混んでいるといっぱいの場合もあるけど、この場合は仕方ないな。


2017年8月12日土曜日

ダイナミックふて寝にゃ!

にゃ。

 とらのすけにゃ。

 散々アメリカナマズ釣っておきながら、今回もお持ち帰りがなかったのにゃ!

 夏痩せしたネコに対する思いやり不足の罪で布団はとらのすけがいただいたのにゃ!!

 そしてとらのすけがふて寝してやるのにゃ!

2017年8月11日金曜日

あがりなまず

こちら、この日の最終ナマズ。延々釣れ続いた・・・。

 この日のナマズ好調を考えてみる。
1 数日どころか、10日ほど北東の風が吹き続け、30℃に届くかどうか、で水温上昇が一段落していた。
2 利根川本流が忙しく流れ続いて、活性が高かった。

 この2つがナマズ大爆発の原因か??

2017年8月10日木曜日

まだまだナマズ

何を間違って鯉を掛けちまったか、まあ掛かってしまったものはしょうが無い。バーブレスで魚にも最低限のダメージで済んだろうし、ミノーも回収出来た。

 この後、直ぐ帰ろうか検討したものの、1500Cのラインがギッチギチに硬く巻かれているのでほぐしてから帰ろうと思い、直ぐまたアメリカナマズが食ってきた。

 5投続けてなんの当たりもなくなったら帰ろう。と思ったが、暫く帰れないかも知れないな。

2017年8月9日水曜日

手前まで寄せた!!

正体不明、潜水艦「とね」(仮称)だが、4分ほどで手元に寄せて、ミノーを改修出来るところまで来た。正体は写真のように鯉だった。

 4分とは言え、結構長かった・・・。でも、昔と比べるとエリアトラウトの経験が生きて、強引なファイトをせずにここまで寄せることが出来た。

 でも、鯉の背びれスレ、なんでフッキングしちまったな?大概はごろり、と乗り越えた感じが分かってフッキングしないようにコントロール出来るんだけど?

 この後、手で外してすんなりとお帰りいただく。この辺がバーブレスの良いところだ。

2017年8月8日火曜日

避けねばならぬ・・・。

アメリカナマズばかりバカスカ釣れて、気が緩んでいたのか、避けねばならぬ事をやらかす。

 利根川水系にウジャウジャ居る、鯉科の大物を掛けてしまう失態!この日のタックルはプレッソ60L-Bにアンバサダ-1500C、PE7lbにリーダー8lb。トラウトタックルでもかなり太いのでなんとなりそうな気もするが、この日は利根川本流の流れがキツイ!

 諦めるのは簡単だが、とんかつ定食1食分のミノー、簡単には諦められない。トラウトタックルでの格闘、開始。

2017年8月7日月曜日

二桁

この日はあっという間に二桁に届いた。サイズが小さいものの、相当な数がいる釣り場らしい。利根川本流恐るべし。
 この日の食い方は前あたりがあったあとにガツン!!と食ってくるパターン。PEラインで感度がいいと即合わせたくなるものの、合わせるとまずすっぽ抜けた。ナイロンラインでエリアトラウトをやるような、重くなるまで合わせない、重くなったら巻き合わせ、のスタイル。

 アメリカナマズでこんな釣り方になるのか・・・。

2017年8月6日日曜日

丸揚げ準備完了

にゃ。

とらのすけにゃ。

 日が落ちたらアメリカナマズのペースが上がってきたようにゃ。管理釣り場のような時間10本近いにゃ!魚がいっぱいかかると扱いも乱暴になってるにゃ!丸揚げ前の衣がついた魚みたいに、全身泥だらけなのにゃ。
 アメリカナマズとは言え魚が痛むにゃ。気をつけてリリースしなきゃダメなのにゃ!

 え?とらのすけ用??じゃ、贅沢言うにゃ。
「きれいな魚持って来いにゃ!」

2017年8月5日土曜日

ショートハンドルでも・・・。

にゃ。

とらのすけにゃ。

 ショートハンドルで繊細な釣りをするのか?と思ったらいつもの120mmミノーをぶん投げているにゃ。いつもの120mmミノー、いつものようにアメリカナマズにゃ。

 簡単に釣ってるんだから、夏バテでガリガリに痩せたとらのすけに「おみやげ」が有っても良いと思うのにゃ。

 くたばっていたら移動させたって外来種の法律にも引っかからないのにゃ。

2017年8月4日金曜日

30mmのシングルショートハンドル

1500Cのハンドルを交換してみた。非売品の30mmのショートシングル。カッコいいんだよね、このハンドル。

 この30mmのハンドル、実は80mmのダブルハンドルを2本購入したらおまけでいただいてしまった!!なんか、あり得ないほどのおまけ!!

 大事に、かつ豪快に使わせて貰います。NSクラフトさん、本当にありがとうございます。

2017年8月3日木曜日

夏痩せ

にゃ。

とらのすけにゃ。

 最近暑いにゃ。そこまで暑くはないけど、やっぱり夏は辛いのにゃ。毛皮着ているとらのすけ、だんだんと痩せてきて、あばらが浮き出るほど痩せてしまったのにゃ。
 暑くて食いが細くなったのもあるし、夏毛に生え替わったのもあるけど、動物病院に行ってから精神的に応えてしまって痩せたのが大きいような気もするにゃ。

 え?痩せた痩せた言っても6.5kg有るって?とらのすけは標準的には8.0kg程度が理想体重にゃ。分かりやすく言ったらジュニアヘビー級の人間がウェルター級まで絞るような、壮絶な減量なのにゃ。
 ジュニアヘビー級が古い??仕方無いにゃ、主が現役の頃はそう呼ばれていたらしいにゃ。横浜を大洋って言ったり、ソフトバンクを南海とかJフォンって言うのとおんなじらしいにゃ。

 とらのすけ、その言い方、例え方もさっぱりわからないにゃ・・・。